MUSIC

第2期

OPENING

「Chaos Drifters」

SawanoHiroyuki[nZk]:Jean-Ken Johnny

作詞:Jean-Ken Johnny  作曲・編曲:澤野弘之
(SACRA MUSIC)

OPENING 「Chaos Drifters」澤野弘之

澤野弘之

PROFILE :

ドラマ・アニメ・映画など映像の音楽活動を中心とし、その他にも
アーティストへの楽曲提供・編曲など精力的に活動している。
ボーカル楽曲に重点を置いたプロジェクト、
SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)が
2014年春より始動。

COMMENT :

今回、「ノー・ガンズ・ライフ」のオープニング楽曲として作品に参加できる事を嬉しく思っています。
作品の世界観がとにかく魅力的で、楽曲制作にも力が入りました。
そして、今回はボーカリストとしてJean-Ken Johnnyさん(MAN WITH A MISSION)に参加して頂いた事で、
より刺激的な音楽制作となりました。Jean-Ken Johnnyさんの躍動感のある歌声と歌詞によって、
楽曲をより力強くエモーショナルにして頂き、改めてご一緒できた事を光栄に感じています。
「ノー・ガンズ・ライフ」の世界観とともに楽曲を楽しんで頂ければ幸いです

Jean-Ken Johnny (MAN WITH A MISSION)

Jean-Ken Johnny (MAN WITH A MISSION)

PROFILE :

頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド。
2010年に突如音楽シーンに登場し、日本武道館、全国アリーナツアー、
さらには甲子園球場でのワンマンライブを即日SOLD OUTという
怒涛の快進撃を続ける。
その活動範囲は国内のみならず、海外ツアーも精力的に行い、
全米デビューも果たす。
2020年2月9日には結成10周年を迎え、
初のドキュメンタリー映画「MAN WITH A MISSION THE MOVIE-TRACE the STORY-」が公開。
8月29日、30日はバンド史上初“フェスの聖地”苗場スキー場にて行われる
究極の野外イベント『THE MISSION』の開催が決定している。

COMMENT :

澤野弘之氏ノ書イテキタ曲ガカッコ良クテ気合イガ入リマシタ(笑)
自分ニトッテモ非常ニ光栄ナコラボレーションヲコノ機会ニサセテイタダキ嬉シイ限りデス。
歌唱ト歌詞デ本作品ノ世界観ト関ワリ合イ、花ヲ添エル事ガ出来たノデアレバ幸イデス。

第2期

ENDING

「new world」

THIS IS JAPAN

作曲:杉森ジャック、小山祐樹、かわむら 作詞:かわむら 編曲:THIS IS JAPAN
(Ki/oon Music)

ENDING 「new world」

PROFILE :

2011年、大学の先輩後輩である4人で在学中に結成。
アルバムリリース、ライブを精力的に行う一方、映画主題歌のアレンジと演奏や挿入歌の提供など活躍の幅を広げる。2020年2月にメジャーデビューを果たす。

COMMENT :

アウトローなのに、筋が通ったキャラクター達が美しく生きている「ノー・ガンズ・ライフ」。
その世界が眩しく感じたので、憧れを素直に曲にしました。メンバー4人の音でイメージを形にしていく過程
もとても楽しかったです。
‪THIS IS JAPANの作った「new world」が作品の世界に更なる昂りと彩りを添えられることを祈っています。

第1期

OPENING

「MOTOR CITY」

浅井健一

作詞:浅井健一  作曲・編曲:浅井健一
(アリオラジャパン)
2019年11月13日(水)リリース
シングル「MOTOR CITY」
予約URL:https://aoj.lnk.to/yI3NzWN

初回生産限定盤[CD+DVD]

初回生産限定盤[CD+DVD]

BVCL 1010〜1011 価格:1,800円+税

[CD収録曲]
・MOTOR CITY
・Addiction
・ぐっさり
[DVD収録曲]
・Colorful Elephant
・METALLIC MERCEDES
・ぐっさり
・HARUKAZE

収録予定

通常盤[CD]

通常盤[CD]

BVCL 1012 価格:1,000円+税

[CD収録曲]
・MOTOR CITY
・Addiction
・ぐっさり

OPENING 「MOTOR CITY」浅井健一

PROFILE :

愛知県出身。1991年にBLANKEY JET CITYのボーカル&ギターとしてメジャーデビュー。数々の名作を残し、2000年に解散。その後、SHERBETSやAJICOなどさまざまな形でバンド活動を続け、2016年に浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSを始動。2019年5月にソロ名義としては約5年振りのリリースとなるシングルを発表し、9月25日にフルアルバム「BLOOD SHIFT」のリリースが決定。10月から全国20ヶ所を回るツアーを開催。

Official HP: http://www.sexystones.com/
Twitter: https://twitter.com/SSRstaff

COMMENT :

殺人事件とテーマパークの広告が隣り合わせてる画面を眺める。
ペラペラな出来事も悲惨な事件もひっくるめたランキング。
まったく奇妙な世界になったもんだ。
そんな日々に生きていて生まれた曲、この作品にも合っていると思い、
ストーリーと照らし合わせながら仕上げました。

第1期

ENDING

「Game Over」

DATS

作詞:Wataru Sugimoto, TITAN 作曲・編曲:DATS
(SMEレコーズ)
2019年11月27日(水)リリース
シングル「Game Over」

通常盤[CD]

通常盤[CD]

SECL-2459 価格:1,000円(税込)

[CD収録曲]
01. Game Over
02. Game Over [MONJOE Remix feat. Pecori]

Pecori [ODD FOOT WOKS]
by the courtesy of Q2 Records / Victor Entertainment

PROFILE :

トラックメイクを手掛けるMONJOE(Vo./Syn.)を中心に2013年結成されたロックバンド。結成翌年には「出れんの!?サマソニ」にてクリマン賞を受賞。2015年には2度目のサマーソニックに出演を果たし、デビューEP「DIVE」をリリース。2017年に、デビュー・アルバム『Application』を発表。その直後に開催されたFUJI ROCK FESTIVALをはじめ、次々と国内の大型野外フェスに出演し、その圧倒的なパフォーマンスが各方面より高く評価される。2018年6月、SMEレコーズより、本編の全曲リミックスをカップリングしたダブルアルバム『Digital Analog Translation System』でメジャーデビュー。2019年5月にメジャー第2弾となるEP『オドラサレテル』をリリース。

Official HP: http://www.datstheband.com
Twitter: https://twitter.com/datstheband
Instagram: https://www.instagram.com/datstheband/

COMMENT :

僕の「僕らしさ」というものは確かなものなのか?確かなものでなかったとしたら、
何のためにその得体の知れない「僕らしさ」を守ってきたんだろう?
「僕らしさ」に囚われない勇気を与えてくれる物語に呼応する音楽を
作りたいと思った。(MONJOE)

LINE